原民喜

2007年8月 6日 (月)

原民喜『夏の花』3(完)

原爆被爆者284人の証言を集めた「被爆者の声 」も是非訪れてみてください。

テキストは「青空文庫」様よりhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4680_18529.html

BGMは「クラシック名曲サウンドライブラリー」様より『 ラフマニノフ:ヴォカリーズ』http://www.voiceblog.jp/andotowa/188137.htmlをお借りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

原民喜『夏の花』2

当初、1946(昭和21)年1月の「近代文学」創刊号に発表を予定していた「夏の花」は、GHQの検閲を考慮して発表が見送られ、1947(昭和22)年、「三田文学」6月号に掲載された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

原民喜『夏の花』1

この作品は、彼が郷里の広島に疎開中に被爆し、人類の未曽有の苦しみを目の当たりにしたこの体験を、惨状をメモした手帳を基に書かれたものです。第一回水上滝太郎賞を受賞。

きょうから3日連続してお届けします。

テキストは「青空文庫」様よりhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4680_18529.html

BGMは「クラシック名曲サウンドライブラリー」様より『 ラフマニノフ:ヴォカリーズ』http://www.voiceblog.jp/andotowa/188137.htmlをお借りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

原民喜『原爆回想』 (8:35)

テキスト「青空文庫」さんよりhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4784_6722.html   BGMは「暁語り」osashuさんより

私の父は四十年前に一度、家を建てたのだが、たま/\地震があって、少し壁や柱にすき間が出来ると、神経質の父は早速その新築の家をとり壊して、今度は根底から細心の吟味を重ねて非常に岩乗な普請にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)